「ガミガミ言われた」から巡査銃殺、「怒られるのが怖い」からで絞殺――若者だから"キレる"のか

2018年04月16日 キレる若者 巡査銃殺 殺人事件 警察官

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

smapho.jpg


 今月発生した19歳巡査による同僚警官射殺事件で語られた犯行動機は「罵倒されたから撃った」「ガミガミ言われて腹がたった」でした。
 同じく警察官の事案であれば、昨年末に4日間疾走した20代の警官は「スマホゲームに30万円も課金してしまい、怒られるのが怖く、お金が尽きるまで逃げようと思っていた」。
 同様にスマホゲーム課金を巡っては今月12日に愛知県で発生した、妻の殺害未遂事件でも「スマホ課金が多いと注意され口論になって首を絞めた」という理由が語られました。
 未遂であればまだ良いのですが、今月12日鹿児島県で発生した男女5人殺害事件では「定職に就かないことを祖母に責められ、腹が立った」との動機から5人の命が絶たれました。

 このように連想ゲーム的に昨今発生した事件をつなぎ合わせるだけでも、実に短絡的な「犯行動機」が多いことから、インターネット上ではこれらを議論するスレッドが立ち上がることになってしまいました。

 そこでは「最近の若者がムカついた時に殺害しようとする理由がおかしい」「大人達の背中を見て育った結果がこれ」「切れるゆとり世代たち」と今の若い世代特有のものであるといった問題提起が行われましたが、反感を持つものらが、過去を振り返り事例を列挙するとそこには「遊ぶ金欲しさにやった」「借金を返せと言われて腹がたった」「別れ話を切り出されてカッとなった」と短絡的な動機を並べることとなり、「最近の若者達は」という論調は打ち消されることになっています。

 双方に理解を寄せるものからは「昔は遊びに行く金とかつまりそれがスマホに変わっただけで何も変わっていない件」といったコメントが寄せられています。

 人類史を顧みても短絡的で感情的な動機が大半を占める犯行動機。そもそも「犯罪」というもの自体が短絡的な極論であるということを念頭に置かなければならないのではないでしょうか。(文◎編集部)

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > 社会・事件 > 「ガミガミ言われた」から巡査銃殺、「怒られるのが怖い」からで絞殺――若者だから"キレる"のか

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する