ホンダ「モンキー」が125ccになって復活......したはいいが、バイク乗りからは大不評!?

2018年04月24日 125cc ホンダ モンキー 原付 復活

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

monkey125.jpgHONDAのオフィシャルサイトより


 ホンダのミニバイク「モンキー」が復活しました。そもそも「販売終了してたの?」という声も聞こえてきそうですが、元来の50ccモンキーは2017年の8月に生産を終了していました。
 主な理由は「排ガス規制」に対応できないというもの。排気量の少ない原付きバイクというセグメントで、さらに厳しい規制をクリアしようなんて土台無理な話なのです。

 で、「やっぱりな」というのがバイク好きたちの感想、2018年になって50年の伝統があるモンキーは125ccとなって復活したのです。

 ところが、喜ぶ声がある反面、この復活に疑問を呈する声が多く広がっています。

「価格高過ぎでしょ!?」

「排気量はともかく、もうサイズがモンキーではない」

「もう少し足して中型クラス買った方がいいやって気になってくる」

「学生がバイトで頑張れば買えるような値段ではなくなってしまいましたね」

「予想はしていたけど、製造国はタイで、ミッションがグロムでもう1速欲しいとレビューが多かったにもかかわらず、4速のままなのがちょっぴり不満」


 そうなんです。価格がすこぶる高いのです。税込価格で39万9600円から43万2000円とは、250ccクラスに手がとどくような値段です。
 そして車格が大きくなりました。それってモンキーのコンセプトと大きくかけ離れてはいませんか?

 モンキーというのはハンドル部分が折り畳めて車に積載できるという利点がありました。そして、数多くのサードパーティー製部品により自分好みのバイクへと改造する楽しみがありました。
 それらの特徴を全て捨て「はい、スピード出ますよ」とすまし顔で登場されても、全く魅力を感じないのです。

 バイクメーカーは厳しい排ガス規制と若者のバイク離れによって苦戦を強いられています。しかし、それらの諸問題を打破するためには魅力的な製品を出すしかありません。
 バイク業界の先頭を走るホンダには頑張って欲しいと心から思っています。(文◎編集部)

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする
TABLO トップ > カルチャー > ホンダ「モンキー」が125ccになって復活......したはいいが、バイク乗りからは大不評!?

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する