プチ鹿島の「余計な下世話」

東京都議選を「こってり系ラーメン」に例えてみた|プチ鹿島の余計な下世話!

2017年07月12日 プチ鹿島 ラーメン 東京都議選

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

erykan.jpg

 先日、東京都議選の開票速報の番組に出演してきました。いわゆる選挙特番。私は各選挙区の見どころを、わかりやすく野次馬的に紹介するという役割もあった。なので新聞やスポーツ紙、タブロイド紙の選挙情勢の記事をよくチェックしていたのですが、知れば知るほど、なんだかため息が出てしまいそうな選挙区も少なくなかった。

 そのひとつが「こないだまで民進党だったのに、いつの間にか都民ファーストの会の公認や推薦で出馬している人」がけっこういたこと。そして公認候補は全員当選という事実。「風」すごい。詳細は以下。

《民進党を離党し、小池百合子知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」の公認や推薦を受けて出馬した候補者が16人いた。》(読売新聞・7月6日)

《公認候補が全員当選する一方、推薦候補は半数が落選し、明暗が分かれた。》(同)

 公認候補となった7人は今年の1~3月に離党届を提出した人が中心で、推薦で臨んだ9人は3~6月に離党届を出した現職が中心という。さっさと決断した要領がよい人は勝ったとも言えるし、選挙直前までゴタゴタしていた人はさすがに「風」の恩恵はなかったとも言える。

 私が今回注目していたある区でみてみよう。

「民進党公認で出馬準備をしていたが、突如、離党を表明。一転して都ファから推薦をもらった」という候補がいた。

 この人の夫は民進党議員で、苗字も夫にあわせて今年改名したのだが、その矢先に民進党を離党したのだ。そうとうなドタバタ。果たしてこの推薦候補も当選するのかと注目していたら......。落選だった。明らかな「風」狙いは有権者にはバレバレだったと言える。

 それにしても今回の都議選の結果をみると、負けたのは本当に自民党なのだろうか。2大政党制の醍醐味とは「味比べ」だと思う。ラーメンで言えば「こってり味」と「あっさり味」。どちらもあるべき。でも今回おこなわれていることは「こってり味」の次に「新こってり味」が出てきただけではないか?

 似たような味の中で勝った負けたと言われている。長い目で見れば、自民党も都民ファーストの会も同じ鍋にいそうなのに。全体の位置がさらに右にずれただけで、こうなると実際に負けたのはやっぱり民進党なのではなかろうか。
 選挙速報でも自民党の負けっぷりが注目されるなか、民進党も「その他」にまとめられていた瞬間があってその現実にも驚いた。

 自民・都民ファ以外にも新しい「味」の開発が待たれる。じゃないと選挙特番が盛り上がらないと思うのです。

Written by プチ鹿島

Photo by erykan

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

芸人式新聞の読み方
幻冬舎

ロープライス ¥1,210 
or 新品 ¥1,210
ポイント 605pt

TABLO トップ > 連載 > 東京都議選を「こってり系ラーメン」に例えてみた|プチ鹿島の余計な下世話!

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する