タピオカだけじゃない 平成を席巻した海外から上陸した三大スイーツを覚えていますか?|中川淳一郎

現在は第3次タピオカブームともいわれているが、平成の前半、海外からやってきたデザートの御三家といえば、「ティラミス」「ナタデココ」「パンナコッタ」だろう。ここに「カヌレ」や「ベルギーワッフル」「クイニーアマン」などが加わる。

一体全体「ブーム」とはなぜ起こるのかはよく分からないのだが、今、メディアの仕事をしていると「〇〇がブーム」と言っておけば企画が一つ成立する、というのがよく分かってきた。だから、「事実としてある程度売れている」「事実として取り扱う店が増えている」というのがあった場合、それを「ブーム」と表現すればブームは完成するのである。

関連記事:すごすぎる持論… 家具店にタピオカドリンクを持って入ったら注意された画家「タピオカに嫉妬してる」で大炎上 | TABLO