氣志團・綾小路翔の誤算 停電続く千葉県のためライヴを予定通り開催すると発表し批判が殺到! 「敵だ」との声も


【シミ、くすみを本気で何とかしたい方へ】

11日、綾小路氏は自身のインスタグラムを更新し『台風15号で被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます』とコメント。続けて『我々はロックンローラー。こんな時だからこそ、音楽での支援に準ずる次第です』と、14日・15日に千葉県袖ケ浦海浜公園で行われる音楽フェスティバル「氣志團万博2019 ~房総ロックンロール最高びんびん物語~」を予定通り開催する事を報告しました。

12日には『氣志團万博2019にご来場のみんなへ、綾小路 翔からのお願い』として、現地での飲食物購入やガソリンの給油を控えることなどの協力を呼び掛けています。そして、会場内で募金活動を行うことも明かし『みんなの優しい気持ち、俺が必ず、責任を持って届けます。もしほんのり余裕があったら、氣志團に協力してやって下さい。もちろん俺も参加します』と綴っていました。

しかし、台風の影響でいまだ停電や断水の被害のある千葉県でのイベントを強行する姿勢に非難が殺到します。そして、今も不安な生活を送る現地の人たちからも苦言が相次ぎ、


【シミ、くすみを本気で何とかしたい方へ】

参考記事:吉野家に「牛丼、無料じゃないのか!」の声 災害時に民間企業は必ず無料で商品を配るべきなのか論争 | TABLO