氣志團・綾小路翔の誤算 停電続く千葉県のためライヴを予定通り開催すると発表し批判が殺到! 「敵だ」との声も


【シミ、くすみを本気で何とかしたい方へ】

「袖ヶ浦市在住です。今でも停電中。朝から食料と氷を求めてお店を巡っているような状況です。その中、何万人の人がくるのはゾッとしますね。現地の辛さは現地の人にしかわからないのでしょうか」

「お願いします。 袖ケ浦市に来ないでください。袖ケ浦市含め近隣市は復旧の目処も立たず、電気や水のない中で4日目の夜を過ごしています。ここは被災地です。私たちの生活を気持ちを無視しないでください」

「木更津付近に住んでいるです。未だに家は停電しています。家の周りの信号はついていません。そんな状況でライブをする必要はあるのでしょうか? 停電が続いている中無理やり開催して叩かれる氣志團の皆さんの姿を見ることが我々住民が一番見たくない姿です。どうか考え直していただけませんか?」


【シミ、くすみを本気で何とかしたい方へ】

「会場近くに住んでる者です。地元民はほぼ全ての人が今やる必要ないと判断してます。地元民からしたら今やられても煽られてるようにしか感じません。むしろイベントに電気を使う余裕があるなら停電している方に電気を回してもらいたいです」

「氣志團万博行く予定でしたが、家のあるうちの地域だけ断水と停電が続いてるし、行く気力が無くなってしまいました。ガソリンスタンド3軒も探し回って、毎日自宅と給水所や避難所を往復して疲れて疲労が最高潮です」

「停電で身内が運ばれ危篤です。氣志團大好きだったのに氣志團が敵になりました」

「地元の千葉県からの参戦が、どこより厳しいのに、強行している意味が分からないよ…氣志團万博大好きなフェスだったのに、大嫌いになりそうです」


【シミ、くすみを本気で何とかしたい方へ】

といったコメントが寄せられています。

こうして現地の人たちから拒絶反応が出ている中でも「氣志團万博」を強行開催する姿勢に、いまだ非難や疑問の声が収まっていません。(文◎絹田たぬき)※タイトル画像はCD『万謡集』より

あわせて読む:台風直撃時に「宅配ピザを頼む人」そして「休まないピザ会社」 災害時における配達業への声 | TABLO