旅行先で知らない間に取られている「税金」 あなたはこんな横暴を許せますか?


【嘘だろ…】その毛穴、かなり見られています!

 つい先日、「出国税」なる法律が衆院本会議で可決されたというニュースを目にしました。正式には「国際観光旅客税」というらしく、2019年1月7日以降、日本から航空機や船舶などで出国する2歳以上の人に1人あたり1000円の出国税を課すのだとか。

海外旅行に出かけると無条件で払わなければならない新たな出費の誕生に、思わず「なんで?」と疑問を呈したいところですが、海外では珍しくない法律らしく…。ちなみに集めた税金の使い道は「快適な旅行環境の整備」「日本の魅力に関する情報発信の強化」「観光資源の整備による満足度向上」の3つ。多分、国のことだから無駄遣いをするんだろうなと、施行前から腹立たしい気持ちになります。

そんな「出国税」と同様に、筆者が前から「なんで?」と疑問に思っていたのが「入湯税」という税金です。幼少期に家族旅行へと出かけた際、子ども心に「なんで風呂に入って税金を取られるの?」と首をかしげていたことを覚えています。今回はそんな「入湯税」について調べてみました。