ゴーン氏10億円保釈で世間は「弁護士すげー」 そして検察には「無意味な勾留だった」と人権侵害を指摘

 巨額の不適切会計や報酬、使途不明金などを巡り、会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された日産自動車の元会長カルロス・ゴーン被告(64)。勾留から100日以上が経過しているが、大きな進展もなく、証拠隠滅や逃亡の恐れがないとの判断もあったため、弁護側の訴えを認める形で近く保釈が実現する可能性が浮上した。