地下アイドル『仮面女子』の猪狩ともかさん あまりにも酷い事故に遭いファンから心配の声

2018年05月08日 仮面女子 猪狩ともか 看板 脊髄損傷

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

001.jpg


 4月11日、最強の地下アイドル「仮面女子」メンバーの猪狩ともか(26)が、東京・文京区湯島聖堂近くの歩道を歩いていた際、強風に煽られ倒れた聖堂敷地内の案内板にぶつかり、腰の骨を折る重傷を負ってしまいました。

 ファンらを中心に心配の声が広がるも、その後の情報に乏しい状況が続いていたのですが
...。
 今月7日、「脊髄損傷による両下肢麻痺」で今後は自力で脚を動かすことが困難であるという情報が発表されました。

 このあまりにも酷な症状の発表に、屋根のように大きな木製看板を設置していた湯島聖堂に対する批判の声が高まっているのです。


そんなので倒れる看板って建築法だかに違反してないの

億単位の賠償金払ってもらわんとな

よくわからんが相当の大きさだったのか? 業務上過失じゃないの

これって労災なの?

湯島聖堂の看板だったのか お金はたっぷりあるんだろうから しっかり補償してあげてほしい

風や地震のような天変地異の事故って損害賠償取れるっけ?


002.jpg


 また、仮面女子からは2014年7月にグループ内ユニット「スチームガールズ」メンバーが死亡。長らく精神疾患を抱えていたため、自死と見られています。

 2015年には複数のメンバーが、カリスマホストだった元社長より性接待強要や交際要求、さらには脱退の場合100万円の違約金請求など悪質な管理があったと告発し騒動に。

 2016年末には同グループ研究生メンバーが妊娠発覚を理由に同グループ及びアイドルからの引退を発表。

 2017年2月にはメンバー数名が相次いでSNSストーカーから殺害予告を出され、内一人のストーカーはイベント会場のスタッフに怪我を負わせ逮捕と、事件や不祥事が続発しているだけに先行きを不安視する声もあります。

 今回「脊髄損傷による両下肢麻痺」と診断された猪狩ともかさんはブログに「脚が動かなくなっても、車椅子に乗りながらやりたいことはたくさんあります」「私は前を向いています。もう心配しないでね」と綴り、仮面女子公式Twitterも「退院後は仮面女子として活動を続け、これを事務所も支えていきます。これからも猪狩ともかをよろしくお願いします」としています。
 世間からの声援を受け、今後の活動が素晴らしいものになることを願っています。(文◎編集部)

  • LINEで送る
  • ブックマークする
  • シェアする

TABLO トップ > 芸能界 > 地下アイドル『仮面女子』の猪狩ともかさん あまりにも酷い事故に遭いファンから心配の声

連載コラム

  • ほぼ週刊吉田豪 僕がなぜこれをRTしたのか
  • プチ鹿島の「余計な下世話」
  • 青木理「逆張りの思想」
  • 川奈まり子の奇譚蒐集 キュリオシティ・コレクション
  • 中川淳一郎の俺の昭和史
  • TABLO編集長・久田将義 偉そうにしないでください。
  • 岡本タブー郎 テレビのムカつく奴
  • 朗読詩人 成宮アイコ 傷つかない人間なんていると思うなよ
  • 悪役YouTuber・シバターの「おまえら、ユーチューバーなんかになるな!」

動画配信中!

  • 001-03_03.jpg

広告募集

  • adbana.jpg
ページトップへ
スマートフォン用ページを表示する