「めんどうくさかった」 追突事故を起こした男が逃走 裁判であきらかになった“絶対に運転してはいけない人間”の思考回路

画像はイメージです

【シミ、くすみを本気で何とかしたい方へ】

 

事故が起きたのは時刻は午後9時10分、入院中の実母の見舞いを終えて寺嶋竜蔵(仮名、裁判当時57歳)が車で自宅に帰る途中のことでした。

前方を走っていた車が信号手前で急ブレーキを踏み減速したのです。彼もすぐブレーキを踏みましたが間に合わず、前の車に追突してしまいました。後の捜査で2台の車間距離は約9メートルであったことが判明しています。


【シミ、くすみを本気で何とかしたい方へ】

よくある事故、とも言えるかもしれません。しかしこの後の対応のまずさが「よくある事故」を刑事事件にしてしまいました。

関連記事:「東京タワーが見たかった」 マレーシアから日本国内へ入国した少年の身柄を確保 事件を重く見た家裁は検察に身柄を送致することを決定 | TABLO