元関東連合幹部・石元太一服役囚からの手紙「六本木フラワー事件」とは何だったのか

石元太一氏からの手紙

【嘘だろ…】その毛穴、かなり見られています!

現在、AV強要などや振り込み詐欺などの事件や被害が相次いでいます。今年になってから特に警察は力を入れているのが前記の犯罪の中心となっているのではというグループの関東連合、怒羅権などいわゆる「準暴力団」と称される暴走族OBの取り締まりです。

そのきっかけとなった事件があります。

2012年9月に起きた、通称「六本木フラワー事件」。六本木のど真ん中、ロアビル内のクラブ「フラワー」で、罪のない人が間違えて撲殺された事件です。犯行後、すぐに監視カメラに映った複数の男たちの写真が公開。暴走族「関東連合」OBたちや後輩の犯行だと判明。暴走族とは縁のなさそうな街・六本木でなぜ関東連合がクラブで犯行に及んだのか。世間や警察までもが奇異に感じました。


【嘘だろ…】その毛穴、かなり見られています!

関連記事:暴対法や暴排条例で悪質キャッチ増加…繁華街の治安対策への提言 by久田将義 | TABLO

関東連合がまるで秘密結社のごとく報じたメディアもあったと記憶していますが、数多くある、暴走族の連合体の一つです。

例えば東京近郊では、CRS連合、太田連合、東京連合、武州連合や神奈川では横浜連合、相州連合、横須賀連合等々があり、僕が取材した限りで言うと大阪では日韓連合、生野連合などがありました(あまりに多いので割愛します)。その中の一つのチームです。もちろん、「●●連合」は東京だけではありません。全国に存在しました。