藤田ニコルに精神的な疲れの色が? テレビ番組の演出でおじさんたちのパワハラに耐えすぎて…

大丈夫なのだろうか(インスタグラムより)

4月9日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)が炎上しています。炎上の理由は、有吉弘行さんの指名により、藤田ニコルさんが出川哲朗さんのパンツを脱いだ状態のお尻の匂いを嗅がされたというもの。この藤田さんへの行為が”セクハラ”だとして、ネットで周囲の男性芸人たちへの批判が殺到しているのです。

ニコルさんといえば、若手タレントの中でも頭の回転が早く頑張り屋だとして一目置かれている印象があります。しかし頑張り屋すぎるせいで、過去にもおじさんタレントたちから公開セクハラの憂き目にあったことも…。そういったことで疲弊してしまったのか、今年3月にはTwitterを更新し精神的に不安定な部分を垣間見せ、ファンに心配されたことも。

ニコルちゃん、本当に大丈夫? というわけで、過去の事件を振り返っていきたいと思います。

『ロンドンハーツ』の詳細をまとめますと、番組では一般視聴者に出川さんの「嫌いなところ」をリサーチし、ランキングで発表。そこでランキング4位に「不潔」が出てきたので、ゲストたちは出川さんのお尻を嗅ぎたいと言い出しました。
そこで三四郎の小宮浩信さんが、パンツを脱いだ状態の出川さんのお尻に顔を近づけると、「くさい!」と絶叫。そのリアクションに対し、出川さんが腑に落ちない様子を見せると、有吉さんが「にこるんだったら嘘つかない」と言い、ニコルさんを指名しました。ニコルさんは苦笑いしながら出川さんのお尻に顔を近づけると「ウーン…」としかめっ面をみせ、「うんこ?」と一言。その素直な反応が共演者の笑いを誘っていました。
しかしネットでは、ニコルさんに対して同情の嵐。「うわ…にこるん出川のケツのにおい嗅いでたんだけど…可哀想…20の女の子が50のおっさんのケツの臭い嗅がされるってしんどすぎ…」「出川さんもにこるんも可哀想過ぎた」「有吉自分はしたくないのに若い女の子のタレントに拒否権ないのにやらせるの最悪」といった声が上がっていました。

ニコルさんといえば昨年9月11日放送の『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)でも、焼酎の水割りを飲むなどして酔っ払った徳光和夫さんに「かわいいね」と言われながら手の甲でほほを撫でられたことがありました。この時もニコルさんはイヤな顔をせずニコニコとしたままのリアクションをとり続けていましたが、ネットでは徳光さんに対する批判が集中。

ニコルさんはこのように、中年タレントとがっつり絡まされる企画で結果を出すことで定評があり、2017年8月13日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)では梅沢富美男さんに楽屋での礼儀正しさなどを絶賛された後、「娘みたいでかわいいのよ」と熱烈ラブコールを送られています。

また2015年10月11日放送の同番組で逮捕前の清原和博氏とデートする企画を行い、清原さんにケーキを「あ〜ん」と食べさせるサービスをして、最終的にメロメロにさせたことも。

しかし、頑張り過ぎてストレスが溜まってしまったのか、今年3月10日には自身のTwitterにて「最近昔からのファンが私好きなの卒業しようとする 病む」と複雑な心境を吐露。「かまってほしい気持ちもわかるけど私も人間の気持ちをもってます。伝えてなくてもみんなのこと大好きだから」とメッセージを送るなどし、ファンにメンタルを心配されていました。

今回のロンハーの件に関して、テレビ局関係者はこんな苦言を呈していました。

「ニコルさんは明るく見えますが、実は母子家庭出身の苦労人。若手の中でも真面目で責任感が強いタレントとして定評があります。そんな彼女の頑張り屋なところに甘えて、何でもやらせてしまう制作側の姿勢には疑問を感じますね。こういったことが続くと、ニコルさんは本当に病んでしまうのでは」

キャパシティ超えしてしまったニコルさんが、我々の前からある日突然消えてしまう…そんな悲しいことが起こらないように、制作側には猛省してもらいたいものです。(文◎小池ロンポワン)