堀江貴文氏がカルロス・ゴーン被告逃亡解説動画で爆弾発言 司法取引制度導入前のライブドア事件で「部下に売られた」は本当なのか?

ゴーン氏と会食の予定だったという堀江氏の動画。まずはこちらを見て頂いてから解説の解説をします

【嘘だろ…】その毛穴、かなり見られています!

 

ここ数日間、テレビや新聞等のメディアは保釈中だったカルロス・ゴーン被告がレバノンへ出国したという出来事について大きく報道しています。例のない出来事なのでそれは当然のことですが、ゴーン被告がどのような手段で出国したのか、という面にばかり注目が集まってしまっているように思えます。

そんな中、ホリエモンこと堀江貴文氏は何故ゴーン被告はこのような行動に至ったかをYouTubeで解説しています。そして「中世の司法」「人質司法」とも言われる日本の検察について厳しく糾弾しています。

 


【嘘だろ…】その毛穴、かなり見られています!

関連記事:ホリエモン、DaiGoらがベタ褒め 青汁王子や清原和博氏を取り込むN国党の一番の問題点|畠山理仁 | TABLO