三浦祐介(仮名、裁判当時26歳)がいきなり立ち上がり窓のカーテンを閉めた時、被害女性は大きな不安を抱きました。それでも自然な風を装いながら話を続けました。相手が「お客様」だからです。不安 ...

  早朝の7時前、被害者の女性(事件当時17歳)は自宅で就寝中でした。そこに犯人の男がやって来ました。男は被害者の着ていたタンクトップを捲り上げました。手にはスマートフォンを持っています。男 ...

犯行現場は中郷昌則(仮名、裁判当時74歳)が運転する保育施設の送迎バスの車内でした。被害者は保育施設に通う子どもです。犯行は子どもを自宅に送り届ける途中に行われました。その時車内は二人きりで、他の子ど ...

性犯罪の被害者を救う、切り札となるのか? それとも、安易な避妊薬として濫用されてしまうのか……。 6月10日、厚生労働省の検討会は性犯罪被害者などに対する緊急避妊薬の処方を、スマホなどのオンライン診療 ...