児童買春・大麻所持・特殊詐欺・盗撮・飲酒運転・風俗店バイト…相次ぐ警察不祥事 19年前を忘れたのか

警察の不祥事が止まらない

DUOの姉妹ブランド、カナデルから高機能美白オールインワン登場!

警察の不祥事が止まりません。盗撮や飲酒運転はもう珍しくもなく、児童買春や大麻所持のほか特殊詐欺の捜査を装ってお年寄りからお金をだまし取る警察官もいます。

今よりもっと多くの悪質極まりない不祥事が相次いだ1999~2000年、日本警察は解体の危機にさらされました。外部の有識者の提言を元に、警察の総元締である国家公安委員会と警察庁が00年8月に「警察改革要綱」をまとめ、国民に再生を誓ったはずです。それからわずかに20年足らず、当時の危機感や緊張感が消え失せたように思えてなりません。

今年1月~6月に懲戒処分を受けた全国の警察官・職員は113人でした。前年同期に比べて8人減り、記録の残る2000年以降で2番目に少ない、と警察庁は発表しました。昨年1年間では257人(前年同期比3人減)です。一時期の年間500人超の頃に比べれば確かに減ってはいますが、本来はゼロであるべきです。