AKB48最後の1期生・峯岸みなみ、卒業間近の緊急インタビュー 「恋愛に興味がないぐらいAKB48が楽しくて頑張れていたらめちゃくちゃハッピーだよねって思います」

 

 

――サプライズもあったりするんですか?

峯岸さん:当時のメンバーがこぞって「アップしとく」って言ってくれるのは心強いですね。卒業して、皆それぞれ活動している中で、今さらステージに戻りたくないっていう考え方があっても全然おかしくないと思っていたので、発表した時に「なんでもやるよ」ってLINEをくれたメンバーもたくさんいて、すごく心が救われました。

――初期メンバーの方々?

峯岸さん:初期メンバーもそうですし、優子(大島優子)とかさっしー(指原莉乃)とかも、「呼んでくれるんでしょ?」みたいな感じで声をかけてくれて。わざわざお呼び立てするのも申し訳ないなっていう気持ちもあったんですけど、そう言ってもらえる自分でいられたことは誇りだなと思います。

――楽しみですね、いろんな懐かしいメンバーが来たり懐かしい曲も。

峯岸さん:そうですね。ファンの方も懐かしい顔ぶれが揃ってくれたら嬉しいなっていう気持ちもあると思います。離れていたり、他のアイドルを推しているファンの方もいると思うので、同窓会気分で、皆で集まって、そこで見つけた新しいメンバーを改めて推してくれたら次のAKB48にもつながると思うし、幸せいっぱいのコンサートにできたらいいなと思います。

――他のアイドルと言えば、最近は坂道さん(乃木坂46、欅坂46、日向坂46)とかいろんなグループが出てきて、そのへんは意識されたりするんですか?

峯岸さん:坂道グループさんは、時代に合った楽曲とか時代に合った売り出し方をされていて、女の子が憧れたり、歌詞が社会風刺的だったりって今の時代にすごく合ってるしカッコいいなって思うし、私も聴いてたりします。AKB48の良さってホントにいわゆる王道で、見方によってはダサいと思われたり古いと思われたりする側面もある中で、色んな世代が安心して見られるアイドルグループっていうのは強みだと思いますね。

――そう思います。AKBさんのキラキラ感は中々、出せないと思いました。

峯岸さん:(うなずきながら)難しいことを考えずに、「アイドルってこれでいいんだよな」って思えるグループだと思うので。私は水を差しちゃった部分がすごくあるんですけど。

――いやそんな! あの。結構ネガティブなんですか?