先日、フジテレビの『ニュースな晩餐会』という番組で吉川美代子VS田中みな実というTBSの元女子アナ対決がマッチメイクされて、ボクも「女子アナウオッチャー」という謎の肩書でゲストとしてなぜか番組に呼ばれ ...

百田尚樹先生に売名行為呼ばわりされた及川眠子先生の著書『夢の印税生活者 作詞家になって年収を200倍にする!!』(03年/講談社)を読んでみました。ストレート過ぎるタイトル通り何でもあけすけに書いてあ ...

作詞家の及川眠子さんが批判的なツイートをしたら百田尚樹が「売名行為」と斬り捨てたりの展開になった、たかじん本騒動。

椿鬼奴、8歳下の後輩芸人・グランジ佐藤大との同棲発覚。この佐藤大という人はボクも何度か一緒にイベントをやってるんですけど、アンダーグラウンドな情報にやたらと詳しいナックルズ~東京ブレイキングニュース寄 ...

 宮藤官九郎脚本のドラマ『ごめんね青春!』に実在の学校名を出した件でTBSが謝罪――。これ、生徒に勉強を教えてくれと頼まれた中村静香が「それは無理。私、●●だから」と断るシーンが、芸能コースがあること ...

春日太一『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮新書)読了。デビュー作『時代劇は死なず』(集英社新書)を版元が増刷してくれないから、河出書房新社から大幅加筆した文庫版を出すことにしたら、この『なぜ時代劇は滅び ...

うわ! 1年ほど前、土屋アンナ騒動で話題になった甲斐智陽氏からFacebookで突然メッセージが届いた!

警察なう! そんなわけで、いま警察に事情聴取されながらメールします!

そもそも今回の件、「士道館の添野義二先生が大山倍達総裁を語る本で話を聞きたいから俺と会え!」って向こうは主張してるわけですけど、大山総裁との接点ゼロで空手関係者でもないボクを取材したがるのも不可解なら ...

続いて「僕は余計吉田豪先生に会いたくなってきた。サブカルチャーの雄である吉田豪大先生がページを持っている出版社を回りながら担当の編集者に事情を話して会談の仲裁をお願いしていくつもりだ。いきなり2丁目に ...

ボクが某空手ライター、つまり小島一志という人&その息子さんから脅迫された件について、あのビッグダディが「吉田豪氏をとりまく状況をサックりしか知らないのでサックりとしか言えないが、クソめんどくさそうです ...

しかも、そこまで酷い目に遭ったというのに、いまは父親の会社に入り、本の共著者となり、「結局、僕は父の影響下から一切逃れることができないまま、今日に至っているというわけだ」とまたボヤく。そんな息子さんに ...

結論として、小島一志という人が良くないのは、トラブルがあるとすぐに強そうなバックの存在を匂わせたり、息子さんなりを矢面に立たせるところ。そもそもボクは書評で小島一志の批判はしてきたけど、息子さんに関し ...

とりあえず小島一志という人と息子さんの電話番号を着信拒否設定にして、翌9月3日に知らない番号からの電話に出たら、これがまた息子さんで。

で、ここからが最近の話。ボクが士道館の添野義二館長を取材したら「キミはどんな話もわかってくれるから話が早くていいよ! 今度、俺の本を一緒に作ろう!」と誘われて、そのこと自体は光栄なんですけど、芦原会館 ...

だから格闘技マスコミ的には「小島一志は面倒だから触れないでおこう」的な扱いになってたんですけど、ボクは気にせず書評で何度も取り扱って、そしたらこんな事態に発展。

脅迫なう! ......ということで、某空手ライターから脅しの電話がかかってきたから、いい機会なので脅迫に至る経緯を何回かに分けて書いてみようかと思います。

Toshl『洗脳 地獄の12年からの生還』(講談社)、読了。正直、『金スマ』のToshl特集を実名報道にしてディテールを細かくした感じの本なんですけど、彼を洗脳して暴力で支配したMASAYAのビジュア ...

ここ数日、ニコ生タックルズきっかけでプチ炎上中なので、せっかくだからその事情説明でもしてみようかと思います。

今回はニュースでもなんでもないネタです! 先日、仕事で『料理屋三船』という三船敏郎をイメージした三船プロダクション監修の飲み屋に行ってきました。時代劇のセットみたいな重厚な作りの店で、場所柄か外人客が ...

田原俊彦が一時期バッシングされていたのはちょうど事務所から独立したタイミングで、出産会見の「ビッグ」発言もマスコミが会見を上手く編集して世論を誘導していたことが最近になって明らかになったわけですが、そ ...

最近の中山美穂はまさに『毎度おさわがせします』なわけですが(共演者の木村一八や板東英二も含めて)、彼女の行動にはちゃんと理由があるわけですよ。

近頃、脱法ハーブ(荒川強啓さん的に言うと「だっぽうハーボ」)吸引による交通事故が頻発しているわけですけど、こういう状況になって思うのは「これ、もしかしたら大麻解禁運動の追い風になったりするんじゃないか ...

前回の記事について「カレー粉では乾癬にはならない」的な意見が出てきてるので、もうちょっと詳しく書いてみます。テキストは春一番『元気です!!!』(07年/幻冬舎)。

世界一のアントニオ猪木芸人・春一番死去。親交があったほとんどの人が「春ちゃんは飲み過ぎだったから......」とコメントしていて、確かに「こんな飲み方を続けていたら10年もつ人生が3年や4年で終わって ...

長渕剛が元マネージャーから「長渕に暴行を受けた」と訴えられたことを先週の『週刊新潮』がスクープしていた件について。実際に記事を見たらえらい扱いが小さいことにまずビックリ。そして、なぜ記事の扱いがこんな ...

内田裕也、Twitterで「もう許せねえ!」「近いうちに必ず決着をつけてやる!」と樹木希林に宣戦布告。ボクは常々、「裕也さんがロックかつ非常識で、樹木希林が常識的な良き妻だと世間で思われてるのは誤解だ ...

釈由美子、36歳の誕生日を迎えた日に自身のブログでGacktとの熱愛説を全面否定。思えば映画『修羅雪姫』公開時にボクが釈由美子を取材したとき......。

雑誌『Free&Easy』が安西水丸追悼特集で赤瀬川原平らの追悼コメントを捏造して、自主回収処分に。まさに雑誌名そのままのフリー&イージーぶり!

91年頃のCHAGE and ASKAの公式雑誌『TUG OF C&A SPECIAL MOOK』を読んでいたら、ASKAがこう言ってました。「最近、世の中の流れが本物を求めてて」「詞を書いてて、伝え ...

「ASKAにドラッグを教えたのは当時交際していたニューハーフ」(『週刊新潮』より)とか、とんでもない情報が次々と出てくるようになったASKA周辺。

『週刊文春』最新号、ASKAの長男が小学生のときから「お父さんの部屋にはパイプがいっぱいあって、変な匂いがする」と周囲に話していたというエピソードに既視感があってふと思い出したんですけど......。

今回、ASKAが覚醒剤所持で逮捕されたことでつくづく思ったのは、人は意外と嘘がつけないということでした。以前、ASKAが「僕がやってるのはアンナカです!」とカミングアウトしたのもそうだろうし、いまとな ...

『美味しんぼ』鼻血騒動について、もう少しコメントしてみます。「原発のそばを翔んでいる鳥が元気なんだから原発は安全!」的ないわゆる「安全デマ」よりも、「福島にいたら鼻血が出てきたから福島は危険!」的ない ...

『美味しんぼ』で福島第一原発を訪れた山岡士郎が鼻血を出し、それが被曝のせいだと描写したことで巻き起こった騒動について、ちょっと一言。あれって、山岡士郎たちと一緒に被災地に行ったものの、放射能が怖いから ...

遠野なぎこ、交際2ヶ月でスピード再婚。わずか72日のスピード離婚と最高7股かけたりの男性関係でのアグレッシブさで話題になり、バラエティ番組の常連になった彼女なんですけど、バラエティでいじられやすいエピ ...

布川敏和&つちやかおり夫妻のダブル不倫&別居騒動、勃発。正直、 98年に発売された布川かおり名義の著書『半径1マイルの専業主婦』(マイストロ)を読んだボクはこうなることが15年前にわかってました!

無許可でクラブ営業したとして風営法違反で摘発された大阪のクラブに無罪判決。「公判では、検察側が主張する『男女間の享楽的な雰囲気を醸し出し、性風俗の秩序を乱す恐れがある踊り』を客にさせていたかどうかが争 ...

ミックスCDを販売していた宮城県在住の男が著作権法違反で逮捕。この件が「海賊版CDを販売」と報じられたことに、すごいモヤモヤしました。

小保方さん騒動が加熱しまくった結果、『実話BUNKAタブー』(コアマガジン)に衝撃の「緊急スクープ」が! なんと「オボちゃん激似の理系女子が懺悔のコピペヌード公開!」という袋とじグラビアが最新号に載っ ...