話題

友達にバイクを川へ投げ捨てられる男性の動画が拡散中です。「弁償させた方がいい。可哀想過ぎる」という同情の声と、「俺には落とされたやつと、おとしたやつがグルにしか見えない!」というヤラセを疑う声があり話 ...

「はじめてのおつかい」の影響による危険性を指摘する声が上がっています。幼い子供が一人で買い物に行く危険性を考えられない親の存在に「本当に実行するバカ親が現実にいたとは……」と、驚きを隠せない方が大勢い ...

今年2月に舌がんであることを公表し、4月には食道がんを報告、そして手術を受けたことが記憶に新しい、タレントの堀ちえみさん。そんな彼女のブログに、「死ね消えろ嘘ばっかり」「馬鹿みたい死ね消えろデブ」など ...

アニメ監督の小林誠氏が喫茶店で迷惑行為。飲食店でラッカー塗料を使用し、「”飲食店”で塗装をする非常識さを反省しろ」「禁煙席でタバコ吸うのの10倍はひどい」と非難が殺到しています。 アニメ監督・モデラ― ...

実業家のハヤカワ五味さんが、歯医者に低評価の口コミを消すように強要されたとツイートし、話題になっています。低評価の口コミを消せという内容証明が届く事態に、「悪いクチコミを書いたら弁護士が出てくるの…? ...

2017年にお笑い芸人のアンジャッシュ・渡部建さん(46)と結婚したタレントの佐々木希さん(31)。2018年に出産し、現在は男児を育てている佐々木さんですが、そんな佐々木さんに渡部さんとの不仲説が浮 ...

イオンが『#ひんやり浴衣で #釣り』というCM動画を公開し炎上騒ぎに。 「危なすぎだろ」「軽装で釣りができるという誤解を招く」と非難が殺到しています。 イオンが、肌に触れるとひんやりとした感触がする浴 ...

紅蘭氏の内縁の夫でラッパーのRYKEY氏が逮捕されるも「誰も驚かん」の声。逮捕されたことよりも「本名の方が驚きだぜマジによ…」といった声が上がり、タレントやモデルとの密着写真にも注目が集まっていました ...

不登校Youtuberゆたぼんこと中村逞珂さんが、「算数やってみってなったら電卓で調べればええだけやし。漢字はググったらえーだけ」と発言したことで賛否が寄せられています。 おすすめ記事:小学生ユーチュ ...

「浪速のエリカ様」こと上西小百合さんが『阪神が優勝したら虎柄のビキニを着ます』と公約したことが話題になっています。 「順位に関係なくシーズン終わったらお願いします」といった期待の声が上がる一方で、「阪 ...

“吉岡里帆に似てる!”と現在、話題沸騰中のコスプレイヤー・霜月めあさん(23)をご存知でしょうか? めあさんは人気コスプレイヤーで、現在グラビアでも活躍中。6月13日発売の『ヤングジャンプ』巻末グラビ ...

ホストが女性に刺されたり、ホストクラブ通いにハマった女性が自殺したり、ホスト関係の事件が増えています。悲劇を繰り返さないためにも、なぜ女性はホストにハマるのかを検証してみました。 参考記事:女性にメッ ...

工藤静香さん(49)のモノマネには定評のあるものまねタレントのミラクルひかる(39)さんが、また新たな“静香モノマネ”で視聴者を魅了したと話題です。なんと、ものまねタレントのみかんさん(35)と組み、 ...

昨年12月に13歳年下の経営者の男性と再婚したと報道されていた、大相撲の元横綱・若乃花こと花田虎上さんの元妻・花田美恵子さん(50)。しかし『週刊FLASH』(2019年7月16日号)にて、実は再婚で ...

小島瑠璃子がカリスマホストのROLANDにビールをテイスティングしてもらうキリンビールの特別ムービー「突撃!差し入れ!のどごし<生>!」が、7月2日から公開され、話題になっています。 カリスマホストR ...

ドラゴンズOBの山崎武司氏がドラゴンズのスペシャルサポーターに就任するも、ファンからは非難の嵐。現役選手への暴言で炎上したばかりの山崎氏に「選手に失礼な発言をしておきながら、ファンの皆さんと盛り上げて ...

小説家の綾崎隼さんが『Amazonのレビューにミステリーのネタバレを書かないで』と悲痛な思いを吐露したことが話題になっています。レビュアーとAmazonに削除を直談判するも聞き入れてもらえず……。 参 ...

東京ドームシティ内でヒーローショーを上演する劇場「シアターGロッソ」。そこで、ヒーローショーのお姉さんとしてMCを務めていた中山愛理さんが23日、自身のTwitterで『私は第2弾のゴールデンウィーク ...

子供の児童手当で親の高級アクセサリーを買う動画がTikTokで発見され、『子供になんか買ってやれよ』とTwitterで拡散されています。 参考記事:私なら引っ越します 南青山児童相談所騒動で松嶋尚美発 ...

ホテルの備品を持ち帰ることを堂々と公言するブログに「普通に泥棒」と非難が殺到。その後、通報が相次いだのかブログ筆者が『警察より事情聴取済みです』という記事を更新しています。 『ホテルのアメニティ確認し ...

「アラサーちゃん」で知られる漫画家・峰なゆかさん(34)が車椅子の男性に東京都美術館で殴られたことをSNSに投稿したところ、拡散され、大炎上。美術館が謝罪コメントを出しました。 関連記事:障害者で大学 ...

盛り上がりを見せるYouTubeですが、芸能人が参加し、また枠を超えて色々なジャンルの人間が参加してきました。スポーツ、格闘技の選手たちのYouTubeも盛んです。ファンは必見でしょう。 中でも個人的 ...

2018年末にPayPayの〝100億円キャンペーン〟が大きな話題を集めたことは記憶に新しいですが、その後もさまざまなスマホのキャッシュレス決済が登場しています。 関連記事:なぜクレジットカードを使え ...

阪急電鉄の車内に掲示された「毎月50万円もらって生きがいのない生活、30万円だけど仕事が楽しい生活、どっちがいいか(研究機関 研究者/80代)」という言葉が掲載された中吊り広告がネットで炎上し、中止に ...

長友佑都氏がトラブルのあった流通経済大のサッカー部員を一万円企画に選出しました。Twitterなどでは「器の大きさに感動」「本気で応募した人が報われない」と賛否が分かれ話題になっています。 長友氏が一 ...

※タイトル画像は相原麻美さんのインスタグラムより 「秒速1億円の男」として名を馳せた与沢翼さん。しかし一時は法人税滞納で会社が解散となり、セレブからホームレスに転落するなど大変だったこともありました。 ...

「恋ステ」出演モデルのウィルソン嶺氏が、ボウリングのレーンに侵入している迷惑動画で炎上。その後『俺は酒も飲むしタバコも吸うし』と、まだ未成年でありながら飲酒や喫煙を公言し、更なる炎上騒ぎに発展していま ...

第一報で日本中に衝撃を与え、会見にて日本中からの祝福を浴びた感のある南海キャンディーズ・山里亮太さんと女優・蒼井優さんの結婚。しかし、このニュースを各情報番組が取り扱う中で、コメンテーターとして出演し ...

芸人の山里亮太さんと女優の蒼井優さんの結婚について「私は子供の顔が心配な人は無理」と発言した宋美玄さんに、「ドン引きした」「せっかくの幸せなお祝いムードを壊しすぎ」と非難が殺到しています。その後、謝罪 ...

過激な漫画で度々炎上騒ぎを起こす「悪い女はレイプしよう」の作者、スルメロック氏がまた炎上騒ぎを起こして話題になっています。自身を非難する相手の個人情報を集めるよう呼びかけ、それに加担した自称信者がe- ...

厄介ヲタという言葉がアイドル界に存在します。アイドルたちのとの距離感を間違えて、やたら接近してくる人たちのことで、それをSNSにさらし悦に入っているような人種です。まだ20代の子供とは言え、アウトです ...

カネカ元従業員の妻が「夫が育休をとったら見せしめの転勤を命じられた」とパタハラを告発したツイートが話題になってます。これに対しカネカはコメントを公にはしていないものの従業員あてのメールが流出し、今もな ...

2019年5月8日からゆうちょ銀行のスマホ決済「ゆうちょPay」がスタートしました。これまではPayPayやLINE PayなどのIT系が広く浸透していて、金融機関系はいまひとつマイナーという印象です ...

Twitterに投稿された『マジで通り魔やるかって決意しかかってやめた時の話』という体験談が「この視点は知っておくべき」としてネットでまとめられ、話題になっています。 ちょっくら、ぼくが以前「マジで通 ...

5月30日放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)に、夫の整体師・國光吟さんを伴って出演した元フリーアナウンサーの小林麻耶さん。『バイキング』(フジテレビ系)での共演歴がある番組MCの坂上忍さんか ...

YouTuberカップルのえむれなが「親戚の家で生まれて保健所行きになる犬を保護した」という嘘がバレて炎上騒ぎになっています。その後、嘘を認め謝罪するも「なんで嘘つくの?」と炎上は収まらず。 参考記事 ...

SPEED上原多香子(36)の再婚相手で演出家のコウカズヤ(41)が、Twitterでの発言を謝罪し、主宰していた劇団から退団処分を受けたことをTwitterで発表したのが報じられた。 関連記事:元S ...

news everyに出演した子供を狙った犯罪に詳しい専門家・清永奈穂さんに「不愉快」という声が起きています。専門家らしからぬヘラヘラした表情で事件について話す姿に「なんで笑ってんの?」とTwitte ...

5月23日、新宿区のマンションで20代の女が、ホストの男性を刺し重傷を負わせる殺人未遂が発生。ネット上には事件直後の血まみれの画像が流れるなど、様々な意味で広まっているが、ホストと客という男女の愛憎劇 ...

「痴漢に安全ピン」に対する風刺漫画「悪い女はレイプしよう」が大炎上。批判の声に対し作者は『ご自身の視力と読解力と知能をお確かめになられてはいかがかしら?』と反論。 参考記事:『元露出狂が綴る防犯対策ブ ...