コロナ禍が直接の原因ではないけれど、歌舞伎町がどんどん様がわりしています。再開発とも言うべき現象が起きました。コマ劇場がなくなり、噴水の池がなくなり、その代わりホテルに映画館が建ちました。歌舞伎町の闇 ...

政治ジャーナリスト田崎史郎さんが言い放ちました。 「それはゲスの勘繰りと言うものです」 29日、8時から放送されている『羽鳥慎一のモーニングショー』(テレビ朝日系列)の一場面。どうしても東京オリンピッ ...

18日日曜、まん延防止措置が取られた東京都一の繁華街、歌舞伎町内はどうなっているのか、回ってみる事にしました。 まず旧コマ劇場前。現在はホテルグレイスリー新宿、東宝シネマ周辺。21時過ぎ。「確か20時 ...

かつて風俗好きな人の中で流行ったのが韓国エステ、アカスリでした。もう20年以上前になるでしょうか。マッサージを受けられ、かつその延長線上で「つい性的サービスもやってしまった」という建前の風俗でした。 ...

コロナ禍で、延長されたことで緊急事態宣言が、ようやく解除されることになったが、飲食業界は20時までの時短営業を強いられて、断末魔の叫びをあげています。 居酒屋チェーンのワタミは、全店の2割に相当する1 ...

「約20年前の事だから、最早誰も知らないだろう」 そう思いながらも、新潟県一の繁華街の古町に降り立ちました。当時は繁華街の住民なら誰でも知っていると言ってよい有名人がいたのです。 「あげまん慶子」とい ...

まるで別世界に存在していた人々 22日、南極から帰国した朝日新聞の南極記者・中山由美さんが、自身のTwitterにて『本当に出会う人すべてがマスクしてる…』とツイート。1年数か月で様変わりした世界の様 ...

常に「謎のブーム」というものは到来する。今の世の中、「ブーム」とは言えぬものの「全員がマスクをつけなくてはならない」はブームに近いといえよう。あとは、戦時中の如き「欲しがりません、勝つまでは!」的に自 ...

劇団☆新感線のこぐれ修さんが主催する「こぐれ発声教室」に先月入門なさった55歳の山田直樹さんがネット上で注目を集めています。 嬉々として稽古に励む山田さんについて、こぐれさんがFacebookに投稿な ...

「若者」と「依存症」をターゲットにしたビジネスが勝った コロナ禍以降、まる一年たつが、収束の目途はいまだたっていない。筆者はこの渦中、マスコミやネットにより半ば「戦犯」扱いされてきた日本一の歓楽街・歌 ...

「半径5メートル以内の政治家」とも言われている政治家、麻生太郎財務相。「一律10万円の給付金再給付はない」という切って捨てたような発言が炎上しています。 問題なのは「無しか有りか」という議論さえせずに ...

今こそ、いい音で、いい音楽を! 新型コロナの感染拡大に歯止めが効かない状況に、政府は二度目となる緊急事態宣言を出しました。そんな中、とあるカフェが独特な感染対策をとっていることで話題に。実際に来店し、 ...

何年か前、ラーメンを作る寸胴に人を入れて、画像や動画をSNSで晒すラーメン店が問題になりました。その炎上事件で閉店した元ラーメン店のオーナーが24時間ジムのフランチャイズオーナーに転じ、現在コロナ禍で ...

『クイズ☆正解は一年後』という番組があります。年の始めに「今年起こりそうな事」を予想したものを収録し、約1年後の年末に答え合わせするという内容。 そういえば新聞は昨年の今頃、つまり1年前の正月には何を ...

首都圏の一都三県に続き、関西の三府県にも緊急事態宣言が出される等、新型コロナウイルス感染症は深刻な状況になってきました。春の緊急事態宣言の時と違うのは、身近にも複数の感染者が出ていることかもしれません ...

政府が7日に緊急事態宣言を出すことを決める方針のようですが、新型コロナウイルス感染症の感染者が1500人を超える日も出ている東京都では、空前のギャラ飲み、パパ活ブームが到来しています。 「緊急事態宣言 ...

安倍前総理と仲良しの政治ジャーナリスト田崎史郎さんでさえ、「菅さんの対応は良くない」と批判している、菅義偉内閣及び菅総理のコロナ対応。ほぼほぼ、政治評論家、ジャーナリストが菅総理のコロナ対応、およびす ...

「パパ活」のカタチが大きく変貌を遂げていた…!? いったい、長引くコロナ禍で何が起こっているのでしょうか? パパ活といえば、若い女性が年配の男性(パパ)から経済的援助を受ける活動として、一時期、メディ ...

ツイッタートレンドで23日、こんなツイートが入ってきました。 【コロナで廃業した近所の焼き鳥屋のじいさんがこの時間の松屋で働いてて2020年で一番つらい気持ちになってます】 一見、悲しい書き込みです。 ...

夜に酒を飲まなければオッケー、と!? 菅総理&二階幹事長肝いりのGo Toをついに「陥落」させたコロナ第3波。すでに報道されているように、首都・東京は、12月17日までとしていた酒類を提供する飲食店へ ...

東京オリンピック・パラリンピックは2021年に延期となったが、平成の時代には1998年に長野五輪があり、2002年にサッカーの日韓ワールドカップが開催された。令和元年にはラグビーのワールドカップが開催 ...

10月半ば過ぎ。女優でタレントの宮崎美子のビキニカレンダーが話題になり、一時はAmazonで『鬼滅の刃』よりも上位にランクインしていたほどでした。還暦とは思えないほどのスタイルと「まさかデビュー当時の ...

コロナ禍でタレントが精神的に参っている、という声があります。それに対して「コロナ脳」と批判する声もあります。が、人前に出る事が自分の存在理由にしているであろう、俳優やタレント、芸人さんたちが参ってしま ...

日本学術会議の任命問題がさほど盛り上がりません。 菅総理誕生時の支持率は7割近くあったものの、自民党幹部は「これはあくまでご祝儀。ここからどこまで下がるのか」という冷静な見方をしていました。 平井デジ ...

10月26日の朝、東京・目黒区のタワーマンションの人気セクシー女優の里美ゆりあさん宅に宅配業者を装った2人組の強盗が現れ、現金600万円を奪った事件が起きました。 キャバクラ嬢としても稼いでいる里美さ ...

そろそろ経済を回していかなければ日本経済が立ち行かなくなる、という事で『Gotoトラベル』『GoToイート』なども始まり、人の移動が目立ち始めました。 人の流れが増えるにつれて、感染者数も増加するので ...

元総理大臣である故・中曽根康弘氏の合同葬がコロナ対策がなされる中で、粛々と執り行われました。葬儀委員長は現職総理大臣である菅義偉総理。 今回のような内閣と自由民主党による合同葬は、1980年の大平正芳 ...

【お詫びと訂正】 SBJ銀行の普通預金金利は「0.20%」ではなく、「0.02%」(2020年10月21日時点調べ)です。お詫びの上、訂正します。   コロナウイルスの流行を背景に、個人の現 ...

10月16日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)にて、コロナ禍で苦境に立たされている、芸能人が副業で経営する飲食店の特集が放送。これに対しネットでは「副業の飲食店の苦難より、本業の方々の苦難の ...

コロナ禍に翻弄された2020年もすでに4分の3が過ぎようとしている。コロナのひとつのキーポイントと言われるワクチン製造の可否に関心も大きいが、それでもアフターコロナかwithコロナかの違いだけで、どち ...

コロナ禍の続く中、大相撲9月場所が9月13日に初日を迎えました。中止や無観客開催、地方予定を両国に移しての開催など、様々な手立てを講じてきた相撲協会。しかし、力士に対する安心を与えられていないのではな ...

コロナ禍の今、タイでは感染防止のために外国人の入国は駐在員や医療目的の少数に限られており、しかも入国後には2週間の隔離義務もあることから、一般の外国人観光客は入国できる状況にはありません。 タイは昨年 ...

コロナの影響でリモートワークになった人も多いことでしょう。ライター稼業の自分はコロナ以前からリモートワークですが、妻も在宅ワークが増えてきました。妻は40代で派遣社員として中堅企業の経理で働いており、 ...

男女二人組YouTuber・パパラピーズが7月24日、『大学を貸し切って2人で隠れ鬼ごっこやってみたwww』と題した動画を公開。これに「こっちはオンライン授業で大学の設備利用さえ出来ないんだよ」「大声 ...

東京都では新型コロナウィルスの感染者が一日300人に迫る勢いとなり、小池百合子都知事は不要不急の外出を自粛するように要請しています。コロナ禍で、会社がテレワークになったり、学校が休みになったりして、在 ...

  コロナにより世界の物流が制限されているのと、バッタの大量発生により、世界的な食糧難が懸念されているが、平成の時代にも「米騒動」があったのを覚えているだろうか。1993年(平成5年)、記録 ...

「紗里ちゃんはスゴイよ。誕生日から3週間以上経っているのに、多くの人に誕生会をしてもらえんだから。憧れます」と20代の女子が語りました。6月19日に30歳になったタレントの加藤紗里さんの誕生会は、7月 ...

  6月17日、RIZIN・榊原信行CEOのツイートが気になりました。   とにかく今、焦っています 国の要請に従い3つの大会を中止し 7億円の売上が飛んだ 夏のメガイベント再開を ...

  「もう誰も緊急事態宣言とかやりたくないですよ!」 西村経済再生相が、声を荒げて手記者会見をしました。 「休業もみんな休業やりたくないでしょ。これ、皆で努力しないとこのウィルス勝てません! ...

  「『緊急事態宣言』はウチらにとっては『奴隷解放宣言』でした。『緊急事態宣言』が出されなかったら、ずーっとツーショットチェキの売上の30パーセントのギャラだけで毎月20本ライブにアイドル達 ...