こんにちはプチ鹿島です。TABLO編集長の久田将義さんが新刊「特殊詐欺と連続強盗 変異する組織と手口」を出版。とても面白かったので紹介したい。 まず近年のギョッとする事件について。ネット上で実行部隊を ...

赤ちゃんの時期の過ごし方は大切だ。 0〜3歳にあたる感情発達の『臨界期』。この時期に、どのような家庭環境と家庭内力学が彼らに関係していたのか?それをつぶさに探り、凶悪犯罪者を生み出す真理を解き明かした ...

犯罪コメンテーターとして活躍する 国際社会病理学者・阿部憲仁教授 (桐蔭横浜大學法学部教授/府中刑務所篤志面接員)が、最新刊の著書「幼少期の家庭環境から読み解く 凶悪犯プロファイル」 (駒草出版)の発 ...

2月5月のSmartFLASHの記事。【「部屋上げた時点で合意だろ!」「不適切にもほどがある!」 昭和視点の「チョメチョメ同意」に反響「めっちゃタイムリー」】に当事者から突っ込みが入りました。 宮藤官 ...

11月25日放送の夏目ナンシーのコマラジ(東京都狛江市のコミュニティFM)の番組 【ナンシーのコジラセちゃんねる】の2回目のゲストにジャーナリスト鈴木エイト氏が出演した。 狛江市まで自転車に走りにきて ...

プチ鹿島です。10月18日に『教養としてのアントニオ猪木』(双葉社)を出版しました。タイトルは教養本ブームに対しての私のささやかな抵抗です。いま「教養としての○○」という本はやたらと多い。しかしですよ ...

1980年代の伝説のバラエティー番組「オレたちひょうきん族」(フジテレビ)で、「懺悔(ざんげ)の神様」を演じたブッチー武者が東京・歌舞伎町で営むカラオケバー「女無BAR(メンバー)」で11月14日に元 ...

衆議院本会議で岸田文雄首相が初めてジャニーズ性加害問題に関して語ったことが 注目されている。 24日午後、代表質問に立った立憲民主党の吉田晴美議員が、旧ジャニーズ事務所での性加害問題について尋ねたとこ ...

伝説のバラエティー番組「オレたちひょうきん族」(フジテレビ)の「懺悔(ざんげ)の神様」がブッチー武者が東京・歌舞伎町で営むカラオケバー「女無BAR(メンバー)」で10月17日にイラストレーター&文筆家 ...

「全裸監督」原作者 の本橋信宏氏の最新刊『僕とジャニーズ』(イーストプレス)が16日に発売されます。 15日には、阿佐ヶ谷ロフトAで刊行記念トークイベント「35年目の真実」が開催されます。35万部のベ ...

大谷翔平選手の顔相鑑定記事が『週刊FLASH(フラッシュ)5月30日号』(光文社)で注目されています。その鑑定を担当した観相学の大家・池袋絵意知さんの新著『1分で見抜け! 顔やしぐさでわかる本当の性格 ...

山田孝之主演のNetflixドラマ「全裸監督」の原作者の著者本橋信宏さんの新著「歌舞伎町アンダーグラウンド」が駒草出版から刊行されました。 新著でも取材された東京・歌舞伎町『女無BAR』では、『本橋信 ...

歌手で女優の原めぐみさんが、「風が通り抜ける道」(監督田中壱征) に出演し、第15回 沖縄国際映画祭に出場しました。 「沖縄返還50周年記念作品に出演させて頂き、光栄です。山田邦子さん、Bro.KOR ...

僕の知己に某国立大学でコミュニケーションを教えている人間がいるのですが、著者である吉田豪君の(付き合いが長いので「君」づけでご容赦を)『聞き出す力』を参考にしていると言います。すなわち聞くということは ...

芸人さんの本なのに、やっている事はれっきとしたルポルタージュ。『ヤラセと情熱 川口浩探検隊の「真実」』(プチ鹿島著 双葉社)の読後感です。1980年代を象徴するようなハチャメチャなテレビ番組『水曜スペ ...

最近、「ヘイト」という表現が拡大解釈されている気がします。ヘイトとは文字通り憎悪であり、僕の感覚では在特会(在日特権を許さない市民の会)が出現した時の、差別街宣などを指しています。差別街宣では伝わりに ...

キリンビールの営業部長から50代半ばに俳優に転じた活躍が日経新聞にも報じられた山田直樹さんのスクリーンデビューは、「劇場版 山崎一門〜日本統一〜」でした。 「『刑事役の山田直樹さんです。』と紹介され、 ...

本サイトの久田将義編集長から今回は『お笑い公文書2022 こんな日本に誰がした!プチ鹿島政治コラム集』(文藝春秋)について書いてみるのはどうでしょう?と提案していただきました。ありがとうございます。3 ...

先達には到底及ばないですがワニマガジン社に入社して『アウトロー伝説』といったムックの編集から始まって、『実話ナックルズ』やその他別冊、ニコニコ生放送などのネット配信を通じて、不良少年たちに取材も含めて ...

本サイトで既報のラジオ番組のパーソナリティ『中元日芽香の「な」』(文化放送)のパーソナリティを務め、好評の声が集まっていました。元乃木坂46で現在、心理カウンセラーとして活躍の中元日芽香さん。 コロナ ...

突然ですが、皆さんは「自由」という言葉にどいうイメージを抱いているでしょうか。僕も含めて、大体良いイメージを持っているかと思います。自由が良いに決まっています。逆に「不自由」な社会など誰が望むでしょう ...

衝撃の登場から早、2年。『バックストリートガールズ』は世の中の漫画愛好家に衝撃を与えました。ストーリーは、下手を打った若手ヤクザ3人が親分に命令されて性転換手術を受け、アイドル「ゴクドルズ」として活動 ...

作家というと「文弱の徒」というイメージを持たれがちですが、とんでもない、文壇も数々の強力なファイターを輩出してきたのです。今回は武闘派作家のランキングを試みたいと思います。 世代の異なる作家を並べるこ ...

元ジャニーズの手越祐也さん(32)が、8月3日に自身のYouTubeチャンネル「手越祐也チャンネル」を更新。公開した動画にてフォトエッセイ『AVARANCHE 雪崩』(双葉社)を8月5日に発売すると発 ...

  平野悠さんと言えば、日本を代表するミュージシャンが数多く登場してきたライブハウス『ロフトグループ』の創始者であり、トークライブハウス『ロフトプラスワン』を設立した方。『ロフトプラスワン』 ...

  5月2日、深田恭子さん(37)がインスタグラムを更新。21冊めの写真集を出すことと、ロケ地で撮影したというサーフィン動画をアップし、話題となっています。   深田さんは「昨年1 ...

  コロナ禍は依然として収束する気配を見せず、今年の大型連休も「STAY HOME」でひっそり過ごすことになりそうです。とはいえ、がっかりした気分のままで連休を過ごすのはもったいない。という ...

  今はコロナで世界中が右往左往しているが、1999年8月、心底ホッとした人もいたのではないだろうか。それは、ノストラダムスの予言にある「年は1999年と7ヶ月 恐怖の大王が天より姿を現すだ ...

全国900万ののぶみファンの皆様、こんにちは。涙してますか? のぶみさんといえば日本が誇る超一流の絵本作家として有名ですよね。このTABLOではなにやら嫌味ばかり言われているようですが、作品は誰が見て ...

『俺が駆け出しのころだ。』といった書き出しで始まったツイートには、現在幻冬舎の代表取締役社長である見城徹(けんじょう とおる)さんを非難する内容が含まれていました。 まだ角川書店の編集者だった見城氏に ...