日本人に人気の観光地のタイのパタヤ。そのパタヤの以下のコンドミニアム(マンション)で営業している違法ホテルの被害について、先日もTABLOで報じた。 参考記事:ブッキングドットコムで被害に! タイ・パ ...

現在世界最高齢で福岡在住の田中カ子(たなか かね)さんの116歳を上回る128歳の男性がタイで存命中であることが突如判明したというニュースが8月末に現地で駆け巡りました。 事実なら存命中の世界最高齢だ ...

日本人に人気の観光地のタイ。 昨年には本サイト副編集長もタイのリゾート地パタヤを訪れたが、そこの「ホテル」で奇妙な体験をした。以下が、その「ホテル」の写真。 ホテルの場所に行ってみると、そこはホテルで ...

いま横浜で、アフリカが盛り上がっています。 8月28日~30日、アフリカ各国から首脳級の要人が横浜に集まり、TICAD7(ティカッド・セブン)(※)という国際会議が開催されるからです。 国際会議と記す ...

危険ドラッグの規制が強化されたことで2016年から指定薬物に指定されたハーブにクラトム(ミトラガイナ・スペシオーサ)というのがあります。 東南アジア原産のこの植物は葉に覚せい作用のある成分が含まれ、タ ...

産気づいた女性を病院まで送る途中で急に陣痛が始まってしまいました。同乗者が救急隊員を呼び無事に赤ちゃんを出産したのですが、救急隊員は赤ちゃんを見てビックリ、という出来事がタイで話題になりました。 参考 ...

飼い主に捨てられて野良犬となった一匹の犬が多くの親切な人にバトンリレーのように助けられた結果、ついには海をも渡って新たな飼い主に巡り合いました。 そのメスの雑種犬はタイの首都バンコクのとある市場に住み ...

日本による韓国へのホワイト国からの除外、その“しっぺ返し”としての韓国側からの除外、それに文政権の強硬姿勢が相まって、日韓関係は日を追うごとに悪化の一途をたどっている。日本、韓国ともに政府を支持する声 ...

物乞い(乞食)行為は日本では法律で禁じられていますが、日本人の海外旅行先として人気のタイでは、今でも物乞いを時々目にすることがあります。多くは幼児を連れた女性の物乞いです。そんなタイの物乞いの実情が明 ...

「韓国 ソウルに旅行に行かれる方へ 今日友達がソウル駅近くで韓国人男性6人くらいに囲まれ袋叩きに合いました。警察に行きましたが全く相手にされなかったとの事です。本来なら明日までの旅行でしたが、本日の最 ...

東京オリンピックを前に景気が良くなるという情報からか、海外からの犯罪が増加していくと言います。 その一つに「ビジネスメール詐欺」があります。 ビジネスメール詐欺とは、自社の役員や取引先に成り済まし、支 ...

花嫁の夢が叶った時には、花嫁が亡くなってしまっていた、そんな悲しいニュースが大きな反響を呼んでいます。 関連記事:「再婚のくせにウェディングドレス着るな!」 小倉優子や矢口真里の結婚が許せない人たちの ...

タイ人に対して15日以内の短期滞在にビザが免除になって以来、日本国内での不法就労を目指すタイ人が再び増加しましたが、今タイ人にとって日本より人気の不法就労先は、韓国です。K-POPと韓国ドラマの影響で ...

タイの風俗の「ゴーゴーバー」。このゴーゴーバーのオーナーでもあった韓国人の男が、今月10日にタイのパタヤで逮捕されました。逮捕されたのは韓国人のGiheon Kim容疑者(42歳)。以下の写真の中央の ...

これもまた、死者の怨念なのか。30年前に新宿区で発見された100体以上の人骨が最近良好な日中関係をにわかにざわつかせている。 7月14日、朝日新聞デジタルがそして、翌日関係の深いハフポストが伝えたのは ...

7月21日の参院選に向け、テレビ・新聞・ネットで選挙関連のニュースが増えていますね。選挙カーを始め日本の選挙も独特ですが、アフリカでもかなりレアな選挙運動があります。 日本から1万1千キロメートル離れ ...

東南アジアの中でも、日本人の訪れる観光地として人気のあるタイ。日本人には「微笑みの国」というキャッチコピーのイメージがあり、温和な人柄などを想像する人も多いのではないでしょうか。 ところが実際にはタイ ...

太平洋戦争中、日本軍はタイに駐留し泰緬鉄道を建設するほか各地に基地を設けていました。そんな日本軍の基地跡の一つが注目を集めようとしています。 参考記事:海を渡った撮影済み中古フィルム 現像したら謎の美 ...

ガンダムのプラモデル「ガンプラ」は日本のみならず東南アジアのタイでもそのまま「ガンプラ」と呼ばれて人気があるのですが、今、そのタイでガンプラをめぐる心温まる出来事が話題となっています。 ガンプラの売買 ...

このところ香港で100万人を越える大規模なデモ(主催者発表)が相次いで発生している。当局は、催涙弾やゴム弾(金属をゴム膜で覆っている弾)が発射されるという、強引な事態の収集を図っている。これまでの1週 ...

たまたま居合わせた見ず知らずの人同士。そこから思わぬストーリーへと発展するのはドラマか映画の中だけではありませんでした。しかも意表を突いた展開はある意味でフィクション以上かもしれません。 参考記事:こ ...

パスポートの出入国スタンプが押されるページにメモや落書きをして大丈夫かご存知ですか? たとえば、 「メモを取るのにメモ帳を持っていなかったからついパスポートに書き留めた」 「子供がパスポートのページに ...

マッチョな男性モデルが冗談で自分の使用済みパンツをネット販売してみたら、購入希望者が結構現れたという意外な展開が話題になっています。 良くも悪くも注目を集めているのは、タイ人男性モデルのパーヌワット・ ...

タイが禁止していたゾウの輸出を10年ぶりに解禁することになりました。決定には日本を重視するタイ政府の姿勢が窺えます。 参考記事:タイ人女性観光客の「ドンキでの買い物に注意して!」が現地で話題に ドン・ ...

5月1日、皇太子徳仁親王が天皇として即位された。令和という元号のもと新しい時代が始まったのだ。 新天皇が皇太子だったころ、ファンだと公言した芸能人が少なくとも二人いる。一人は日本人の柏原芳恵で、もう一 ...

2019年4月21日にスリランカで発生したキリスト教会や高級ホテルを狙った連続自爆攻撃。死者は253人のぼり、そのうち38名が外国人で日本人の吉田香さんも亡くなった。 日本からは年間約5万人の観光客が ...

驚きました。青天の霹靂とはこのことではないでしょうか。かねてから本サイトも懸念を示してきましたが、AmazonとGoogleがついに歴史的な和解を果たしたのです! Google製品をAmazon上で売 ...

パリのノートルダム大聖堂が火災で焼け落ちたニュースは、およそ1万キロ離れた日本にもトップニュースとして飛び込んで来ました。 日本のワイドショーで繰り返し流された、ノートルダム大聖堂が黒煙をあげながら燃 ...

元号が変わり、新札発行で政府が景気回復を図っている時に、日本紙幣のニセ札が大量で台湾で摘発。本サイトでは該当の写真を入手。本物と比べると微妙に色が薄いような気がします。 参照記事:聖徳太子が出るわ出る ...

現在、ドイツのDIY企業である「HORNBACH(ホルンバッハ)」が流している「春の香り」というCMが、アジア人女性蔑視にあたるとして物議を醸しています。 そのCMの内容とは、農作業をする白人男性たち ...

ごく狭い範囲だけに毎日雨が降る。そんな奇妙な現象がタイ南部の農村で起きて騒ぎになっています。 タイ南部パッタルン県のジャングルと田園風景に囲まれた何の変哲もない集落でその奇怪な現象は起きています。とあ ...

韓国の歌手兼タレントのチョン・ジュニョン(30)が、わいせつ動画を隠し撮りしてインターネット上に流した容疑が持たれている問題が波紋を広げている。 チョン・ジュニョンはメッセージアプリのカカオトークを利 ...

わいせつ動画を隠し撮りしてインターネット上に流した容疑が持たれている韓国の歌手兼タレントのチョン・ジュニョン(30)が15日午前7時過ぎ、前日午前10時からの21時間に及ぶ取り調べを終え、ソウル地方警 ...

米朝首脳会談が行われたベトナムの首都ハノイに金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長のそっくりさんが登場したニュースは日本でも報じられましたが、そのそっくりさん、実は2人いたことはあまり知られていま ...

何一つ褒めるところのなかった米朝首脳会談。金正恩はおろか、トランプ大統領も何をしたいのか全く分からない内容でした。そして見返してみても出るわ出るわの綻び具合。両国の将来は大丈夫なのでしょうか。

米朝会談で何をそんなに興奮しているのか理解できなかった日本のマスコミ報道。歴史的瞬間? そんなことより解決しなければいけないことがあるはずです。馬鹿馬鹿しいこの騒ぎに惑わされてはいけません。

歴史的な米朝会談の舞台に選ばれたシンガポール。観光客の多い近代国家またはタックスヘブンとして有名な国です。しかし言わずと知れた管理社会。まさに北朝鮮が理想とするこの国の知られざる「底辺」をリポートしま ...

拉致被害者家族である蓮池透さんの安倍首相批判が注目を集めていますが、当然の叫びだと思います。人権を無視した国家ぐるみの邦人拉致事件を今一度認識する時なのです。

またもや北朝鮮からの電撃訪中があった中国では、ネット上に奇妙な検閲が......。要人の動向に関する情報を遮断するという理由とは言え、未だに人権のない国である。

北朝鮮には闇はあるのか? 北朝鮮にもアウトローがいるのか? マスコミからはほとんど知ることの出来ないリアルな北朝鮮情勢をこのタイミングで掲載する。