ちょっと前に、とある有名人がTwitterで自分のことを批判する相手を「匿名アカウントのクズが!」とか罵ってたりと、匿名アカウントというだけで全面否定する人が意外と多いのは何故なんですかね。

せっかくなので石田純一『落ちこぼれのススメ』(00年/光進社)情報を、もうちょっと補足。この本、目次に「ワル」なんて項目があって、そこにはこんなことが書かれてるんですよ。

国会前の安保法案反対デモに参加してスピーチを披露した結果、一部で評価が上がったり、逆に一部で叩かれたりもしている石田純一。それまでのパブリックイメージにない政治的な活動の余波がどれだけ大きくなるか痛感 ...

様々な著名人が絶賛し、岡田斗司夫は酷評する大根仁監督の映画『バクマン。』をボクも観てきました。いや、ホント面白かったですよ! 岡田斗司夫が「漫画を描くシーンが多くて地味すぎる」とか「漫画に対する敬意と ...

ラグビーはコンタクトが大前提となるスポーツである。他のスポーツ、例えば野球やバスケット、サッカーなどはタックルなどしようものなら反則を取られる可能性が高い。それがないのがラグビーだ。反則が「合法化」さ ...

サモア代表に対しては、とにかくボールを持たせて5m以上走らせない事。天性のものであろうハンドリング技術と、ステップワークには世界のトップチームが翻弄されてきた。日本代表とて同じである。それをこの試合で ...

イギリスで行われているラグビーW杯において、日本中を驚かせたのが南アフリカに勝利したラグビー日本代表。現地では桜のジャージにひっかけて「ブレイブ・ブロッサム」と言われているようだが、正にその名前にふさ ...

 映画『食人族』のブルーレイが「劇中で実際に動物を殺している」とのクレームで、まさかの発売中止に!

じゃんけんというのは本来、運で決まる。総選挙のように人気でセンターを決めるのは面白くない。意外性があってもいいのではないか。そういったコンセプトで始まったのが、じゃんけんでセンターを決める「じゃんけん ...

前回の「反安保・反原発の制服向上委員会は誰にやらされているのか」という記事に対して「結局、誰にやらされているんだよ!」的な意見がいくつかあったので、ちょっと続きを書いてみます。

あれだけAKBに狂っていた小林よしのり先生が「いま面白いのは制服向上委員会!」と言い出したぐらいに、なぜかいま注目され始めている「アイドルの皮を被った政治団体」こと制服向上委員会(以下SKi)。それと ...

8月2日、さいたまスーパーアリーナでAKB48の川栄李奈の卒業ライブが行われた。今までこれほど大規模な卒業ライブが開催されたのは二回しかない。ツートップと言われた前田敦子と大島優子の二人だ。川栄は前々 ...

脚本を担当した町山智浩さん直々に「この映画は炎上案件だから豪ちゃんも絶対に観たほうがいいよ!」と誘われたから、実写版『進撃の巨人』の試写会に行ってきました!

パンク以降、セックス・ピストルズからYMOに至るまで「ナチズムは最悪だけどナチスのデザインセンスは最高!」って感じでナチスの軍服やハーケンクロイツをモチーフにした衣装とかを使うミュージシャンはいくらで ...

「BLACKザ・タブー」(ミリオン出版)という雑誌をご存じだろうか。不定期刊ながら、良い意味でヤンチャ感を出している「現代のカストリ雑誌」とも言うべき内容だった(ホメてます)。因みに僕は不定期で対談連 ...

 自分と交際中だったはずの片岡愛之助が藤原紀香宅に泊まったと報道されるという、普通なら片岡愛之助側が叩かれること確実なスキャンダルが発覚したのに、宮根誠司&井上公造のバックアップ効果もあったからなのか ...

 6月11日に『絶歌』を近所の大型書店で購入。平積みになっていたので書店としても推したい商品なのだろうと思った。買ったは良いがカバーをお願いするのを忘れてしまったので、電車の中でひらく事も出来ずとりあ ...

ライブ会場に行かなければ分からない事がある。現場の空気を味わないと理解できないものがある。初めての地方での総選挙。福岡ヤフードームで行われたAKB48グループ総選挙だが、福岡のホテルはほぼ満室。カプセ ...

3ヶ月ほど前、岡田斗司夫はこんなことを力強く言い切っていました。「私は、2015年初頭にネットで炎上騒ぎにあいました。普通の人なら、そこで『炎上を収めて鎮火』を考えると思います」

「体型を確認する」「モデルはみんなこうしている」などと騙して女子中学生と何度もセックスした芸能事務所社長やら、スカウトした女の子が事務所で着替えているところを盗撮してネットの有料動画にアップした芸能事 ...

最近の安倍総理をニュースで見るたびに嫌な気分になる。ついでにいえば、安倍総理を番頭として支える菅義偉官房長官もである。二人を青年将校と呼ぶのは不適格かもしれないが、先の大戦に向けて日本帝国主義が戦争と ...

発売当時に買ったまま読めずにいた萩原流行&まゆ美夫婦の共著『Wうつ』(09年/廣済堂出版)、読了。いま読むといろいろ考えさせられる一冊だったので、気になった部分を引用してみたい。

近頃話題の能年玲奈洗脳騒動ですけど、『週刊文春』の特集記事を読んでみたら、事務所に問題があるらしいってことと、小泉今日子が異常に格好いいってことしか伝わってこなくてビックリしました。

日本のロックを支えてきた伝説のライブハウス・下北沢屋根裏が今年3月末に閉店したため、元スタッフが立ち上がって跡地に新しいライブハウスを5月1日にオープンさせるとのこと。それ自体は素直にいい話だと思うん ...

プロレスの範疇を超えた試合でボコボコにされて顔面を骨折し、視力を失いかけたことで良くも悪くも話題になった安川惡斗主演のドキュメント映画『がむしゃら』を鑑賞......したのはけっこう前なのに原稿を書く ...

菅原文太&愛川欽也という『トラック野郎』(75~79年)の2人がどちらも晩年には反権力的な言動が増えていた事実が非常に興味深いんですが、そもそもキンキンが企画しているだけあって『トラック野郎』という映 ...

3月26日、さいたまスーパーアリーナでAKB48の単独ライブが行われ、メンバーが他のグループに移籍したりする「組閣」が発表された。総選挙やジャンケン大会などは事前に、開催日が発表されるのだが「組閣」は ...

三原じゅん子の「八紘一宇」発言について。ヤンキーキャラの芸能人がそのフレーズを口にする分には「特攻服の背中に書いてそうな四文字熟語だし、三原じゅん子らしいね!」の一言で終わるだろうけど、これだけ日中関 ...

国会では、政治とカネにまつわるスキャンダルが続発している。第一弾は、西川公也農水大臣で、辞任に追い込まれた。TPPやJA改革という難題を仕切る政治能力に疑問符が付いたのだろう。

岡田斗司夫がおかしくなってきたのは彼が路線変更して恋愛本とかを出し始めた01年頃だったと前にこの連載でも書いたんですが、これはヤバいとボクが思ったのは04年10月末に『BUBKA』で『岡田斗司夫のロジ ...

 タレントの小向美奈子(29)が自宅に覚醒剤を所持していたとして、関東信越厚生局麻薬取締部が6日朝、ガサ入れと共に逮捕した。 小向美奈子とは数年前、BSスカパー『BAZOOKA!!!!』という番組で共 ...

「愛人騒動の渦中にある岡田斗司夫氏が自身の支援組織『FREEex』代表を退任」というニュースが報じられたその日に、興味深いタレコミが入ってきたので報告します。

緊急入院していた岡田斗司夫がニコ生を再開。復活一発目の放送で「精神病院に入ってきたんだけど・・・」「閉鎖病棟ってなんだろう?」「まさか自分が薬物依存になるとは・・・」といった話をすると事前に予告してネ ...

「イスラム国」に拘束され、ネット上で殺害予告を出されていた日本人人質二人、湯川遥菜、後藤健二さんが最悪の事態で「処刑」された。この事件に関しては、日本政府もヨルダン政府も、アンマンの日本大使館に置かれ ...

AKBグループにはいくつかの、ビッグイベントがある。総選挙、じゃんけん大会、紅白歌合戦、そしてリクエストアワーである。総選挙は味の素スタジオや東京ドームで開催される為、運営の心意気がメンバーにも伝わり ...

前回、「岡田斗司夫が中学時代からモテ続けてきたと公言しているのはたぶん嘘で、中年になってからおっぱいパブで女遊びに目覚めたのが真相だと思う」という仮説を立てたわけですけど、その原稿をメールした直後、新 ...

流出したキスプリクラは「ニセ写真です!」、流出した愛人データリストは「妄想日記です!」という言い訳が下手すぎていますごい勢いで岡田斗司夫が叩かれているわけですけど、非常に興味深いタレコミが入ってきたか ...

岡田斗司夫、キスプリクラ流出に「当たり前ですけどニセ写真です」「初笑いできたかな?」とコメントしたことで大炎上。すっかり反感を買い、次々と肉体関係があった女性たちが告発を始めたわけなんですが、今度は岡 ...

入国審査が厳しい国はどこか。筆者の経験では英語圏はどの国も厳しい。米国、カナダ、英国、オーストラリア、香港を複数回、訪れたが、そのたびに矢継ぎ早に質問を受けた。ニュージーランドと北キプロス・トルコ共和 ...

米中央情報局(CIA)の「スパイが入国審査を突破するためのテクニック」などを記した内部文書が暴露された。ウィキリークスが2014年12月21日、公開したCIA作成の文書2本――「2次審査を生き延びる― ...