花田紀凱責任編集『月刊WiLL』2月号掲載の「たかじん夫人感涙手記/家鋪さくら」に、かなりの衝撃を受けました。だって、これ全然「感涙手記」じゃないんですよ! むしろ、「一部週刊誌の事実無根の記事や、イ ...

2015年の幕開けは毎年恒例のようにフィリッピン・マニラで迎えている。沖縄から距離的に最も近い常夏の国であり、貧しいと思われているフィリッピンだが、年末年始のクリスマスと正月はお祭り騒ぎの国だ。カウン ...

この時期になると「今年のお騒がせニュースベスト3」的な企画をいろんな媒体で頼まれるわけですが、今年は百田尚樹騒動と乃木坂路上キス騒動がタブー扱いになっている媒体が多かったのが印象的。

先日、フジテレビの『ニュースな晩餐会』という番組で吉川美代子VS田中みな実というTBSの元女子アナ対決がマッチメイクされて、ボクも「女子アナウオッチャー」という謎の肩書でゲストとしてなぜか番組に呼ばれ ...

百田尚樹先生に売名行為呼ばわりされた及川眠子先生の著書『夢の印税生活者 作詞家になって年収を200倍にする!!』(03年/講談社)を読んでみました。ストレート過ぎるタイトル通り何でもあけすけに書いてあ ...

沖縄県知事選は安倍自民党が総力をあげて戦ったが、辺野古新基地建設に反対する翁長雄志前那覇市長が、辺野古埋め立てを承認した仲井真弘多前知事に10万票の大差をつけて勝利した。

作詞家の及川眠子さんが批判的なツイートをしたら百田尚樹が「売名行為」と斬り捨てたりの展開になった、たかじん本騒動。

椿鬼奴、8歳下の後輩芸人・グランジ佐藤大との同棲発覚。この佐藤大という人はボクも何度か一緒にイベントをやってるんですけど、アンダーグラウンドな情報にやたらと詳しいナックルズ~東京ブレイキングニュース寄 ...

 とどまることを知らない朝日新聞バッシングの勢いを止めたのは、安倍総理の閣僚人事の失敗だった。鳴物入りで起用した女性閣僚5人のうち、小渕優子経産大臣と松島みどり法務大臣が政治とカネの問題で同時辞任。

 宮藤官九郎脚本のドラマ『ごめんね青春!』に実在の学校名を出した件でTBSが謝罪――。これ、生徒に勉強を教えてくれと頼まれた中村静香が「それは無理。私、●●だから」と断るシーンが、芸能コースがあること ...

罵り合いとかプロレス等と言われている、この意見交換会だったが、喧嘩にもなっていなかったし、エンターテインメントとしてのプロレス(プロレスの定義は置いておく)にもなっていなかったが、感じた事を書いておき ...

春日太一『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮新書)読了。デビュー作『時代劇は死なず』(集英社新書)を版元が増刷してくれないから、河出書房新社から大幅加筆した文庫版を出すことにしたら、この『なぜ時代劇は滅び ...

ブログで書かれて、ツイッターで拡散された、芥川賞作家柳美里さんの「月刊創」の連載原稿料が数年にわたって支払われていない件だが、僕も原稿料をチェックし、経理に届けるという作業、いわゆる編集長の職務である ...

タレント・ローラさんの記事におきまして、不適切な表現がございましたので謝罪いたします。ローラさん、関係者の皆様にご迷惑をおかけしてしまった事、心りお詫び申し上げます。

うわ! 1年ほど前、土屋アンナ騒動で話題になった甲斐智陽氏からFacebookで突然メッセージが届いた!

土井たか子氏が肺炎により85歳で亡くなった。社会党から社民党議員として活躍した土井氏は女性初の衆議院議長も務めた。土井氏といえば、1989年の衆議院議員選挙で自民党に勝利し、マドンナブームの立役者とな ...

警察なう! そんなわけで、いま警察に事情聴取されながらメールします!

今年で五回目を迎える、AKB48とその姉妹グループによる『じゃんけん大会』。歴代優勝者は内田真由美、篠田麻理子、島崎遥香、松井珠理奈といった面々で、これまではシングルの選抜とセンターを決めるものだった ...

そもそも今回の件、「士道館の添野義二先生が大山倍達総裁を語る本で話を聞きたいから俺と会え!」って向こうは主張してるわけですけど、大山総裁との接点ゼロで空手関係者でもないボクを取材したがるのも不可解なら ...

続いて「僕は余計吉田豪先生に会いたくなってきた。サブカルチャーの雄である吉田豪大先生がページを持っている出版社を回りながら担当の編集者に事情を話して会談の仲裁をお願いしていくつもりだ。いきなり2丁目に ...

ボクが某空手ライター、つまり小島一志という人&その息子さんから脅迫された件について、あのビッグダディが「吉田豪氏をとりまく状況をサックりしか知らないのでサックりとしか言えないが、クソめんどくさそうです ...

安倍政権が樹立されて1年8か月が経過した。一強多弱といわれる自民党は政権基盤の圧倒的優位性をフルに生かして、タカ派の安倍イズム路線を次々と打ち出してきた。集団的自衛権行使に向けた解釈改憲も来春には法案 ...

しかも、そこまで酷い目に遭ったというのに、いまは父親の会社に入り、本の共著者となり、「結局、僕は父の影響下から一切逃れることができないまま、今日に至っているというわけだ」とまたボヤく。そんな息子さんに ...

結論として、小島一志という人が良くないのは、トラブルがあるとすぐに強そうなバックの存在を匂わせたり、息子さんなりを矢面に立たせるところ。そもそもボクは書評で小島一志の批判はしてきたけど、息子さんに関し ...

とりあえず小島一志という人と息子さんの電話番号を着信拒否設定にして、翌9月3日に知らない番号からの電話に出たら、これがまた息子さんで。

で、ここからが最近の話。ボクが士道館の添野義二館長を取材したら「キミはどんな話もわかってくれるから話が早くていいよ! 今度、俺の本を一緒に作ろう!」と誘われて、そのこと自体は光栄なんですけど、芦原会館 ...

だから格闘技マスコミ的には「小島一志は面倒だから触れないでおこう」的な扱いになってたんですけど、ボクは気にせず書評で何度も取り扱って、そしたらこんな事態に発展。

脅迫なう! ......ということで、某空手ライターから脅しの電話がかかってきたから、いい機会なので脅迫に至る経緯を何回かに分けて書いてみようかと思います。

暴力団対策法(暴対法)、暴力団排除条例(暴排条例)によって繁華街の治安が良化したという人がいるようだが、そうだろうか。東京・六本木を歩いていた。ロアビルの前には黒人が所在なさげに七~八人、たまっていた ...

Toshl『洗脳 地獄の12年からの生還』(講談社)、読了。正直、『金スマ』のToshl特集を実名報道にしてディテールを細かくした感じの本なんですけど、彼を洗脳して暴力で支配したMASAYAのビジュア ...

AKB48グループ(AKB48G)の「AKB48グループ東京ドームコンサート~するなよ?するなよ?絶対卒業発表するなよ?~」が20日終わった。大島優子がいないAKB48は物足りないのではと感じていたが ...

ここ数日、ニコ生タックルズきっかけでプチ炎上中なので、せっかくだからその事情説明でもしてみようかと思います。

今回はニュースでもなんでもないネタです! 先日、仕事で『料理屋三船』という三船敏郎をイメージした三船プロダクション監修の飲み屋に行ってきました。時代劇のセットみたいな重厚な作りの店で、場所柄か外人客が ...

沖縄の辺野古新基地建設着手のX-DAYが目前に迫っている。キャンプ・シュワブのゲートから大型トレーラーやトラックで建設用の資材が連日のように搬入され、それを阻止せんとする反対派の市民運動団体との小競り ...

田原俊彦が一時期バッシングされていたのはちょうど事務所から独立したタイミングで、出産会見の「ビッグ」発言もマスコミが会見を上手く編集して世論を誘導していたことが最近になって明らかになったわけですが、そ ...

元タレントの田代まさし(敬称略)が、極秘出所しているという情報が既に回っているが、僕がその噂を聞いたのは一か月くらい前だったであろうか。「彼、もうすぐ出所してきますよ」とある組織の人間が話してくれた。 ...

最近の中山美穂はまさに『毎度おさわがせします』なわけですが(共演者の木村一八や板東英二も含めて)、彼女の行動にはちゃんと理由があるわけですよ。

7月14日、3Dプリンタで女性器を型とって出力していたことがわいせつ電磁的記録頒布容疑で、女流漫画家「ろくでなし子」さんが逮捕された。「思い出したように逮捕する」警視庁の手口は相変わらずだが、意外な人 ...

近頃、脱法ハーブ(荒川強啓さん的に言うと「だっぽうハーボ」)吸引による交通事故が頻発しているわけですけど、こういう状況になって思うのは「これ、もしかしたら大麻解禁運動の追い風になったりするんじゃないか ...

前回の記事について「カレー粉では乾癬にはならない」的な意見が出てきてるので、もうちょっと詳しく書いてみます。テキストは春一番『元気です!!!』(07年/幻冬舎)。